『グレの歌』とハツカネズミ

sponsored link

シェーンベルク 『グレの歌』at 東京文化会館

ぎゃ‼️

思わず大きな声で叫んでしまった‼️

ロマンティックな第一部が終わり、拍手をして、ロビーに出ようとして、左に向きを変えた時でした。

隣の男性が椅子の下に置いていた真っ黒なバックの上に、

真っ白い生きてるハツカネズミ‼️

が、なんのケースにも入っていなくて、ちょこんと居るのです‼️

わたしの声で、出かかっていたその男性は振り返って、急いでそのハツカネズミを直につまんで出て行ったのです‼️

コンサート会場で、ハツカネズミ‼️

私の頭はパニックです。

お友達に、フロア係りの人に言っほうがいいよと促されて、伝えると、フロア係りの人もびっくりした表情をして、その男性に確認に行きました。

ハツカネズミは一階のクロークに預けたから大丈夫です。

と言われたそうです。

クロークの方はどのように預かったのでしょうか?

ペットとして持ち込んだのでしょうか?

大丈夫と言われてもね〜。

ダメ元で席替えを依頼したら、替えていただけました。

第2部と第3部は、平和に聴くことができました。

それにしても、まさかコンサート会場で、ハツカネズミを見ることになるとは‼️

事実は小説より奇なり‼️

嘘のような本当のお話です(@_@)

未だに黒のバックの上の真っ白なハツカネズミの残像が消えず、夢に出てきそうです〜f^_^;

〜〜〜

長くなってしまうので、『グレの歌』の感想は省略(笑)

主客転倒だけど(笑)

一言だけ!

藤村実穂子さん、ほんとに素敵です💕

こういう日もある(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました