ヴェルディ 『アイーダ』at メトロポリタン歌劇場 (新宿ピカデリー)

sponsored link

やっぱりこの演目は、アイーダと、アムネリスの実力が拮抗している時に感動を呼ぶ。押しも押されぬアンナ・ネトレプコと、1984年生まれの実力派、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ(小文字3つ(@_@)覚えられない)はまさに好敵手同士‼️各々、感情移入が素晴らしい!

「ピエタ」が30〜40回も出てくるが、様々な感情で表現していると語る、ネトコさま、悪女ではなく、気の強い権力のある女性が、恋に苦しんでいるのだと語るアニータさま‼️でした。

いつも楽しそうに指揮をする大好きなルイゾッティさまは、いつになく真剣(笑)。

あんなお顔もするのね〜と新たな魅力発見‼️オケ、繊細かつ大胆に!エクセレント💕

第3幕冒頭では、フルートがクローズアップされて、思わず前のめり。頭部管が金で、胴体が銀!響きと音色を両方求めたのかな⁉️運指の美しいこと、この上なし‼️

ネタバレを避けて、感動をお伝えできれば幸いです(^_−)−☆

〜〜〜

幕間に、メトでの歴代歌手のお名前があがっていましたので、ご参考まで(*´∀`)♪

アイーダ

E・デスティン

E・レートブルク

Z・ミラノフ

L・プライス

そしてネトコさま

アムネリス

L・ホーマー

B・カスターニャ

F・バルビエーリ

J・シオミナート

F・コッソット

G・バンブリー

D・ザジック

そしてアニータさま

コメント

タイトルとURLをコピーしました