脚本購読 R・シュトラウス 『サロメ』 by Mr.佐藤英

スポンサーリンク

90分2コマで、サロメとヨカナーンの初対面シーンと、オペラのエンディングを文法解説を聞きながら読んだ。

※ワーグナーの脚本よりずっと読みやすいなぁ。

と、思っていたら、

フランス語のワイルドの「サロメ」をドイツ語に訳して更にオペラ脚本にしているので、わかりやすいとのこと。

「へぇ〜」だったのが、

※『神々の黄昏』の黄昏にあたる単語は、面白いことに、黄昏以外にも夜明けの意味もあるとのこと。薄明かりの状況を指す単語なのだそうです。単語だけで言えば『神々の夜明け』もあり‼️(内容からはありえないけど〜笑)

『神々の黄昏』の演出で、最後に希望を残すものもあるから、まんざらありえないとも言い切れないかも?❣️(笑)

ウムラウトが打てないので(やり方わからん)写真にて✨

サロメがヨカナーンの声、身体、髪の毛、唇を次々と褒めては、拒否されていくシーンの中の、身体を褒める部分↓

アラビアの女王の庭園に咲くバラも、お前の身体ほど白くはない、女王の庭園に咲くバラも、木の葉に落ちる【薄明】の日あしも、海に伏せる月の胸も、この世に何一つとしてお前の身体ほど白くないわ。

(内垣啓一 訳)

コメント

タイトルとURLをコピーしました