講演「通訳は見た!イタリア歌劇場来日公演の舞台裏」by Ms. 井内美香

スポンサーリンク

イタリア、ミラノに20年以上在住し、ボローニャ歌劇場、フェニーチェ歌劇場、サン・カルロ劇場など数多くの来日公演の通訳とコーティネートを手掛けた彼女らしい、興味深いエピソードや苦労話をお話くださいました(^_^)v

通訳の心得、引越し公演の舞台装置の設置の難しさ、オレ様キャラの歌手たちの取り扱い(笑)、イタリアの舞台芸術への予算などなど、多岐にわたりました。

例えば、引越し公演で、テノールはエアコンきかせてと言い、ソプラノは喉のためにエアコンは切ってと言われ、舞台上に、テノールが立っている時はエアコンを切り、ソプラノが立っている時はエアコンをつけるという、並々ならない努力をして、歌手がヘソを曲げないようにしなければならないこともあったらしいです(笑)

今日のお話は氷山の一角!公に語れないことも多そうで、美香さまの脳内探索をしたくなった私でした(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました