講演『魔弾の射手』コンヴィチュニー

スポンサーリンク

演劇についての新たな考察

ペーター・コンヴィチュニーを迎えて

と、題された公演

ドイツ文化センターにて

19時より

彼に注目したのは、2011年2月の二期会の公演『サロメ』だった。核シェルターの中での強欲な人間の集団は未だに鮮明に覚えている。

彼の『マクベス』を経て、手にしたのが、「コンヴィチュニーオペラを超えるオペラ」という本。常識と思っていたことがことごとく崩され、オペラの演出とはなんぞや?と問いかけてくる面白い本だった。

本の中で『ドン・カルロス』の演出に触れており、気にかかっていたこの演出を今回ビデオで観せてもらえた。

『ドン・カルロス』での休憩後、実況中継のように、マイクを持ったリポーターがいて、ホワイエの中を異教徒が磔刑の場へ引きずられ、国王たちが入場するという意表をつくもの。観客の驚きたるや!

彼は観客を傍観者にはしておかない‼️

今回は、7月の『魔弾の射手』のプレトークも兼ねてお話くださり、彼のオペラへのアプローチを垣間見た気がした。

『魔弾の射手』の原作とオペラ台本の違いを踏まえた上で、

①悪魔を女性にして、何回も登場させていること。

②もとのオペラにはない「隠者」を登場させていること

この二点をお話され、それぞれのその理由はとてもコンヴィチュニーさんらしいものだったけど、長くなるので次回に。

興味深い公演になること、間違いなし‼️

フォトタイムでは悪魔役の大和悠河さん(宝塚の人らしい)と2ショット

コメント

タイトルとURLをコピーしました