講義 ポンキエッリ 『ジョコンダ』by Mr.堀内修

sponsored link

講義 「ポンキエッリ作曲 『ジョコンダ』」by Mr.堀内修 (20181212)

いつも冒頭に、昨今のオペラを話題にする。

堀内さんが言う。

ミュンヘンでの『オテロ』が配信され、『メフィストフェレ』新国立劇場で『ファルスタッフ』という上演には、図らずも共通の人物が関わっていると。そして、今回の『ジョコンダ』もまた、そう、ボーイトが、台本を書いている。

『メフィストフェレ』の成功をみて、リコルディが『ジョコンダ』の台本を書いてくれるように頼んだという。

『ジョコンダ』は第3幕の「時の踊り」だけが一人歩きしているけど、ストーリーはなかなか、ドラマティック。

YouTube

マリア・カラスがイタリアオペラでデビューしたのがこのタイトルロールとのこと。

無謀なほどの要約すると、

ジョコンダは、自分の愛する人が昔の恋人(人妻)と密会しているのを知らされ、悩むけど、最後は彼の命を救うために、自己犠牲となり死を選ぶ。

自分のものになるなら、彼を助けてやるというバルナバのいやらしさは『オテロ』のイヤーゴのようでもあり、『トスカ』のスカルピアのようでもあり。

仮死状態になる薬は『ロミオとジュリエット』を思い出させるけど、『ジョコンダ』では、息を吹き返し、恋人たちは、ジョコンダを放って、2人で幸せそうに退場していく。

ストーリーはオペラでよくある4角関係(笑)がベースで、悪役バルナバのスパイスがよく効いている。

ジョコンダと、ジョコンダの愛するエンツォの二人がとても難役(歌として)なことと、ジョコンダの母親が盲目で、世間が彼女をいじめるシーンがあるという2つの理由から、現在ではなかなか上演されないのではないかとのお話でした。

エンツォのアリア「空よ!そして海よ!」

ジョコンダのアリア「自殺よ」は有名。

この、「自殺よ」はマリア・カラスが執着した歌とのこと。

カラスが死を迎えた時、このアリアのページが開かれていたというまことしやかな話があるそう。

いずれ、上演されることがあったら聴きに行きたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました