2017-12

スポンサーリンク
第九

『第九』ベートーヴェン by 東京フィルハーモニー管弦楽団 at サントリーホール 2017/12/21

今年最後のコンサートはベートヴェン『第九』東京フィルハーモニー交響楽団による。 指揮はユー・ロン(中国フィル芸術監督で首席指揮者) ソプラノ 中村恵理 アルト 小野美咲 テノール 宮里直樹 バリトン 上...
ムツェンスク郡のマクベス夫人

講座 《ムツェンスク郡のマクベス夫人》ショスタコーヴィッチ by Mr.堀内修

今回は耳慣れない《ムツェンスク郡のマクベス夫人》の解説を聞きました。 初演は1934年レニングラード(現サンクトペテルブルク)全4幕ロシア語です。 ショスタコーヴィッチの《鼻》の次の2作目のオペラで、1930年から1932年にかけて作ら...
ドン・ジョヴァンニ

映画「プラハのモーツァルト」

一言で言うと、《フィガロの結婚》の上演の為にプラハに呼ばれたモーツァルトはケルビーノ役のスザンナ(紛らわしいですね笑)に恋して、そこでの出来事から、《ドン・ジョヴァンニ》の発想が生まれてくるというお話。 オペラ好きにはたまらな...
スポンサーリンク
魔笛

《魔笛》 by メトロポリタン歌劇場 (at 映画館)

夜の女王の侍女3人は仮面に長い指と爪 大蛇は中国の獅子舞のように数人で棒で支えて大規模 タミーノは白塗りで歌舞伎まではいかないけど隈取りがあって、髪型は日本髪に後ろは長く垂らす感じ 童子(ここでは人形)は大きなガチョウに乗って空を飛ぶ...
カヴァレリア・ルスティカーナ

アンサンブル・ソナーレ第33回定期演奏会 2017/12/16

アマチュアの定期演奏会はとても当たり外れがある。アマチュアにも幅があるから当然のことだけれど、このアンサンブル・ソナーレは指揮者の指導のもとに、団員が上手下手を問わず、音楽を作り上げようとする意識の高さが感じられた。 とても上手かと問われ...
カラッタコ

ロンドンで上演された古代ローマ帝国にまつわるオペラ、J・C・バッハ《カラッタコ》について by Mr.吉江秀和

モンテヴェルディ生誕450年記念にちなんで、8名が各々専門分野での考察を語ったシンポジウム 1741年に初演された《ディダミーア》でヘンデルはイタリアおp0えらの作曲を終える。その後もオペラ上演はあったが、その後の20年ほどの間の70作品...
演出

17世紀、18世紀フランスにおける音楽劇作品の題材について by Mr.中村良

モンテヴェルディ生誕450年記念にちなんで、8名が各々専門分野での考察を語ったシンポジウム。 1671年から、1773年のフランス王立音楽アカデミー上演作品一覧を題材別に見てみると、 ギリシャ神話、歴史、市井の人、トルコ、聖書の...
演出

エリザヴェータ女帝時代のロシア宮廷におけるオペラ・セリア上演について by Ms.森本頼子

モンテヴェルディ生誕450年記念にちなんで、8名が各々専門分野での考察を語ったシンポジウム。 ロシアでは、アンナ女帝時代(1730〜40)に最初のオペラ・セリアが上演され、エリザヴェータ女帝時代に最盛期を迎える。エリザヴェータはピョー...
ブリタニコ

18世紀半ばのドイツ諸都市における古代ローマ史劇によるオペラについて by Ms.大河内文恵

モンテヴェルディ生誕450年記念にちなんで、8名が各々専門分野での考察を語ったシンポジウム。 1 ドイツで上演された古代ローマ史劇によるオペラの数を数をみるとウィーン、ミュンヘン、ハンブルクが圧倒的に多い。 2 ベルリンでのオペ...
誘惑されたクラウディウス

ラインハルト・カイザーのオペラについて by Mr.荻野静男

モンテヴェルディ生誕450年記念にちなんで、8名が各々専門分野での考察を語ったシンポジウム。 ラインハルト・カイザー(1674〜1739) 父親はオルガン奏者で教師。1697年ごろよりハンブルクに永住。「ゲンゼマルクトオーパー」...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました