2018-11

sponsored link
リナルド

フランコ・ファッジョーリ カウンターテナー リサイタル at 東京オペラシティコンサートホール

今年は、オペラシティ前のツリーが進化しました。音楽に合わせてイルミネーションが変化します。 ロマンティックです💕 素敵です💕 香港のイルミネーションを思い出しました。 これから、ファッジョーリというカ...
サムソンとデリラ

サン=サーンス 『サムソンとデリラ』by メトロポリタン歌劇場 at 新宿ピカデリー

予想を裏切らないガランチャとアラーニャ‼️ サムソンとデリラだから、アラーニャとガランチャか(笑) ガランチャLOVEでして(笑) 圧倒的な存在感のガランチャ、彼女は凛とした役がとてもよく似合う。 そして...
ロッシーニ

番外編 暇に任せて、ブツブツ言わせて〜‼️

芸大コンサートが終わって、都美館のムンク展へ。5時近いからもう無理かなぁと思って都美館入口にいらっしゃる警備員さんに聞いたら、今日は8時までだから大丈夫ですって言うからエスカレーター降りたら、入場まで10分という張り紙があって、飲み会は7時...
sponsored link
ロッシーニ

ロッシーニ 《小荘厳ミサ曲》by 芸大フィル at 芸大奏楽堂

今日は久々に娘とランチデート、女子トーク炸裂!(笑) デザートの説明を聞きおとして、紫芋のムースだとか、ブルーベリーのムースだとか、勝手に言っていたら、桑の実のムースだった(笑) 全く聞いていないふたり(@_@) 今日はロッシーニ! ...
演出

ボーイト『メフィストフェレ 』by 東フィル&バッティストーニ at サントリーホール (演奏会形式)

ラストの天使の歌声で、何故だか涙が溢れてきた。色々な感情が同時に溢れてきて処理しきれない感じ。 新国立劇場の『フィデリオ』も、日生劇場の『コジ〜』も感動したけれど、それは頭での感動だった。今日のは違う‼️心が感...
チェネレントラ

東フィル&バッティストーニ‼️公開リハーサル 20181112

開場10分までで、皆さん並んでいらっしゃり、14:00開場、東京オペラシティホールの真ん中の通路より後ろに座ってくださいとと言われた。 バッティさまが、登場、まずは英語で語られました。 〜〜〜 アイーダのこと アイーダは今年既に28...
コジ ・ファン・トゥッテ

モーツァルト 『コジ・ファン・トゥッテ』 at 日生劇場

今回のわたし的注目点は、演出が菅尾さんだということ。 フィガロの同じ箇所を3人の演出家が演出した企画で、岩田さん、田尾下さんと並んで、目の前で演出するのをみせていただいた方がなのです。 随所に、彼が言っていた言葉が浮かぶほど、彼らし...
講義(レクチャー)

講演 「ロッシーニの芸術とその特質」by 水谷彰良 テーマ1 ロッシーニが筆を折った理由

ロッシーニは1810年に18歳で職業オペラ作曲家となり、1829年ギョーム・テルで筆を折った。その後美食家になったのは有名な話ですが、この引退のきっかけとなった直接の原因は意外にもシリアスなものでした。 水谷さんのお話から↓ 当時ロッシ...
演出

ヴェルディ 『アイーダ』at メトロポリタン歌劇場 (新宿ピカデリー)

やっぱりこの演目は、アイーダと、アムネリスの実力が拮抗している時に感動を呼ぶ。押しも押されぬアンナ・ネトレプコと、1984年生まれの実力派、アニータ・ラチヴェリシュヴィリ(小文字3つ(@_@)覚えられない)はまさに好敵手同士‼...
演出

講演「通訳は見た!イタリア歌劇場来日公演の舞台裏」by Ms. 井内美香

イタリア、ミラノに20年以上在住し、ボローニャ歌劇場、フェニーチェ歌劇場、サン・カルロ劇場など数多くの来日公演の通訳とコーティネートを手掛けた彼女らしい、興味深いエピソードや苦労話をお話くださいました(^_^)v 通訳の心得、引越し公演の...
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました