演出《ラ・ボエーム》どちらのセリフ?

sponsored link

演出を引き受けてから、楽譜や関連本を当たっている。

観ている時には気づかなかったことが、演出目線でみると気づかされて驚くことがある。

例えばこれ。

貧しい4人の若者は、寒さを凌ぐために、ロドルフォの原稿を燃やすシーン。

…al fuoco.

Lo trovo scintillante.

(…火の中で。

煌めいているのがわかる。)

この後に

Ma dura poco.

(だが、あまり続かない。)

と続く。

この前半が、

フルスコアと、ヴォーカルスコアで、歌う人が違うんです。

フルスコアでは、マルチェッロ、

ヴォーカルスコアでは、コルリーネ。

ロマンティストのマルチェッロが、煌めいているといい、哲学者のコルリーネは冷静に、あまり続かないというのか、

コルリーネ自身が、煌めいているけど、続かないと思うのか。

オペラ界では、フルスコアに基づくのが常識らしい。

けど、実際の演出ではどちらを採用しているんだろうか?

時間ができたら、いくつかの演出を当たってみたいと思っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました