歌劇場 ホール等

sponsored link
粟国淳

講座 プッチーニ 『トスカ』by Mr. 粟國淳(演出家) & Mr. 園田隆一郎(指揮者) at 日生劇場7階

今日は夜、愛妙の練習だから、パスしようかと思ったけど、来てよかった。 粟国さんと園田さんの熱弁で、もう、トスカを全幕で観たく&聴きたくなっている(笑) ローマの地図を見ながら、サンタンジェロ城や宮殿、トスカの歌っている劇場をみて...
リナルド

フランコ・ファッジョーリ カウンターテナー リサイタル at 東京オペラシティコンサートホール

今年は、オペラシティ前のツリーが進化しました。音楽に合わせてイルミネーションが変化します。 ロマンティックです💕 素敵です💕 香港のイルミネーションを思い出しました。 これから、ファッジョーリというカ...
チェネレントラ

東フィル&バッティストーニ‼️公開リハーサル 20181112

開場10分までで、皆さん並んでいらっしゃり、14:00開場、東京オペラシティホールの真ん中の通路より後ろに座ってくださいとと言われた。 バッティさまが、登場、まずは英語で語られました。 〜〜〜 アイーダのこと アイーダは今年既に28...
sponsored link
フィガロの結婚

《フィガロの結婚》 ふたつのアプローチ

2月25日に上演される《フィガロの結婚》では舞台監督を仰せつかっている。肩書きは偉そうだけど、やっていることは隙間産業(笑)ケルビーノ が演出するので、ケルビーノ が演技している時の演出チェックをしたり、照明を考えたり、ひいては、練習場での...
ムツェンスク郡のマクベス夫人

講座 《ムツェンスク郡のマクベス夫人》ショスタコーヴィッチ by Mr.堀内修

今回は耳慣れない《ムツェンスク郡のマクベス夫人》の解説を聞きました。 初演は1934年レニングラード(現サンクトペテルブルク)全4幕ロシア語です。 ショスタコーヴィッチの《鼻》の次の2作目のオペラで、1930年から1932年にかけて作ら...
ドン・ジョヴァンニ

映画「プラハのモーツァルト」

一言で言うと、《フィガロの結婚》の上演の為にプラハに呼ばれたモーツァルトはケルビーノ役のスザンナ(紛らわしいですね笑)に恋して、そこでの出来事から、《ドン・ジョヴァンニ》の発想が生まれてくるというお話。 オペラ好きにはたまらな...
魔笛

《魔笛》 by メトロポリタン歌劇場 (at 映画館)

夜の女王の侍女3人は仮面に長い指と爪 大蛇は中国の獅子舞のように数人で棒で支えて大規模 タミーノは白塗りで歌舞伎まではいかないけど隈取りがあって、髪型は日本髪に後ろは長く垂らす感じ 童子(ここでは人形)は大きなガチョウに乗って空を飛ぶ...
カヴァレリア・ルスティカーナ

アンサンブル・ソナーレ第33回定期演奏会 2017/12/16

アマチュアの定期演奏会はとても当たり外れがある。アマチュアにも幅があるから当然のことだけれど、このアンサンブル・ソナーレは指揮者の指導のもとに、団員が上手下手を問わず、音楽を作り上げようとする意識の高さが感じられた。 とても上手かと問われ...
ヴェルディ

《リゴレット》抜粋5曲 無事終了

3日、横浜大桟橋ホールでの「第九」と「リゴレット」のコンサートは無事終了しました。アマチュアとプロの合同オケ80人超えに、同合唱120人超えの総勢200人超えのマンモスコンサートでした。 無料とはいえ、500人以上の方が聴いて...
第九

『第九』と《リゴレット》

とうとう今日本番を迎える。 半年かけて準備してきたプロジェクト。 フルート歴5年で第九を吹くd(^_^o) こんなチャンスに恵まれた人は滅多にいないと思う。ありがたく楽しもう(^-^)/ 《リゴレット》は進行と演出を担当する。 オ...
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました