ワーグナー

sponsored link
ワルキューレ

ワーグナー 『ワルキューレ』by メトロポリタン歌劇場 at 新宿ピカデリー

5時間かぁ〜!長! 飲み物、食べ物を買い込んで覚悟して新宿に向かう。 それが〜眠くなるどころか感動して涙が溢れる始末(笑) ルバージュの演出は以前観ていたけど、大掛かりながら無駄がなく奇をてらっていないくて、感激〜。 キャスト歌手陣...
カルメン

新国立劇場次期ラインナップの解説 次期オペラ芸術監督 大野和士さんのお話

新国立劇場は次期ラインナップを公式に発表しました。その演目などについて、次期オペラ芸術監督の大野和士さんがお話しされました。 ネット向けダイジェストで、大野和士さんが10分程度で語っているのはこちら↓ 究極のダイジェスト...
パルジファル

舞台装置「ムービングライト」&「LEDヴィジョン」

ムービングライト!演出効果は抜群! 前回に続いて、大仁田雅彦氏のお話より 〜〜〜 ムービングライトとは、舞台が暗い間にコンピュータ制御で、移動できる照明機材のこと。位置だけではなく、色や光の大きさも変えられる。もっと言えば、ネタ(色々...
sponsored link
タンホイザー

演出 バイエルン歌劇場の《タンホイザー》を観て思うこと

素晴らしいオペラを聴いた時には、演出なしで演奏会形式で聴きたいと思うことが多々ある。音楽だけで十分満腹感を味わえると感じた時だ。だから、素晴らしい演奏家が集う時には演奏会形式でオペラが表現されることも多い。でも、古今東西、何故、莫大なお金を...
タンホイザー

《タンホイザー》ワーグナー by バイエルン国立歌劇場 vol.2 タンホイザーは登ったのか?何故か?2017/09/21

バイエルン国立歌劇場の来日公演《タンホイザー》を観てから既にひと月近くが経とうとしている。 たまたま10/15にNHKFMをつけたら、ペトレンコさん指揮のバイエルン国立歌劇場オケの来日コンサートでの《ワルキューレ》を流していた。 《タン...
オペラ

《神々の黄昏》ワーグナー at 新国立劇場 2017/10/14 vo.3

「お馬鹿さんは放っておきましょう!あの英雄は自分が賢く強いと思っているけど、料簡が狭くて何も見えていない!」(3人のラインの娘)(井形ちづるさん訳) ワーグナーのオペラには時々さらっとこういうセリフが挟まっている。それはまるで、今を生きる...
神々の黄昏

《神々の黄昏》ワーグナー at新国立劇場 vol.2 2017/10/14

新国立劇場(東京都の初台)の2017/2018シーズンが始まった。飯守泰次郎さんの渾身の《指環》の4作目、完結編。 ジークフリート役のステファン・グールドを筆頭に歌手全員が素晴らしい歌唱を聴かせてくれた。こんなに粒が揃っているのは珍しいこ...
タンホイザー

《タンホイザー》by バイエルン国立歌劇場 (NHKホール)2017/09/21

もう言葉にならないほど、適切な褒め言葉が見つからないほどの演奏だった。 超一流というのはこういうものなのだろう! 冒頭のホルンの数小節で鳥肌がたった。 繊細にしてまろやかでダイナミックスが自然でいてそれでいて迫ってくる。 ホルン...
タンホイザー

シルヴィア・コスタ(バイエルン/タンホイザー 共同演出家) 講演会 2017/09/19

タンホイザーの序曲は何回聴いてもゾクゾクする。 まして今回は、美声のフォークト様(笑)がタイトルロールd(^_^o)清水の舞台から3回くらい飛び降りて(?笑)チケットを購入済み。待ちに待った日が明後日と迫った今日、カステルッチさんと共同演...
神々の黄昏

《神々の黄昏》ワーグナー vol.1 音楽レクチャー by 井内美香先生

〜〜〜 もともと「ジークフリートの死」を創作したワーグナーはその説明の為に、歴史を遡り長大な物語を創作した。 が、音楽は《ラインの黄金》から順につくられた為、《神々の黄昏》に至ってはこれまでの作品で使われてきたライトモティーフなどの様々...
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました