ジャスミン・チェイ フルートリサイタル at 日経ホール 2017/11/21

スポンサーリンク

日本ではあまり知られていないフルーティストだけど、シンシナティ交響楽団、ウィーン交響楽団で主席を務めたという彼女。

客席が暗くなり、下手の扉が開いた。

が、彼女は現れない。

客席が、開いている下手扉の奥に注目していると、下手奥から、ドビュッシーの「シランクス」が流れてきた。

そのか細い音と演出に早くも客席は虜になっていたd(^_^o)

ゴーベール「フルートソナタ第1番」

プーランク「フルートソナタ」

休憩挟んで

フォーレ「ヴァイオリンソナタ第1番(フルート版)」

シャミナード「フルートとピアノの為のコンチェルティーノ」

「シランクス」を吹き終えた彼女は小さな紙を取り出して、片言の日本語で、それぞれの曲にイメージをつけたと言って、

神秘、美しい、優雅、繊細、華やか、と言った。

一言でくくるには多楽章あるのもあるから難しいけど、彼女の言わんとすることは伝わってきた。

アンコール1曲目はビゼーのメヌエット。

2曲目はカルメン変奏曲(キャ!オペラ関連)

3曲目は汽車のイメージで彼女のオリジナル!循環呼吸法は、鼻から吸う音も聞こえず吹き続け、声をうならせながら音を出したり、同時に2音に聞こえる離れ業を披露してくれた。

隣の知らない女性が、思わず、「神業ですね!」と、話しかけてきた。

そしてオマケに(うふ!)サイン!いただいちゃいましたぁd(^_^o)

図々しく、ハングル語も書いてってお願いしたら優しい彼女はにこにこしながら書いてくれました!

スリムでとってもキュートなジャスミンさんでした♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました