sponsored link
演出

ムーティによる『リゴレット』解説 at 東京文化会館 大ホール

「東京春祭は美味しそうな人参を鼻先にぶら下げてくれる(@_@) そして大抵ハズレはないので、絞りきれず、今日もまた、上野詣(^-^)/」 ご丁寧にフェイスブックが去年のメモリーを再掲してくれていました。見たら去年も同じようなことをしてい...
演出

オペラ演技教育を考える!実践編

イギリスで研鑽を積んだ家田さんによる歌唱絡みの演出術と、アメリカで資格を得てきた新美さんによる怪我をしない演技法を実践を通して教わった。 家田さんの歌唱演出は図らずも、ドニゼッティの『ランメルモールのルチア』と『ドン・パスクワーレ』より1...
演出

講座 ツェムリンスキー『フィレンツェの悲劇』と、プッチーニ『ジャンニ・スキッキ』 by Ms. 井内美香

昨日から、頭痛、扁桃痛で、イマイチ本調子ではなかったけど、今日は、頑張って、美香さまの講座に出かけた。彼女の軽快なトークは、風邪をも吹き飛ばす魔力があるd(^_^o) この2つの演目の共通点は ①舞台がフィレンツェ ②初演年が近い ...
sponsored link
演出

映画 「私はマリア・カラス」他

映画 「私はマリア・カラス」 以前観たマリア・カラスの映画にはない映像が盛りだくさんで、彼女の素顔が見え隠れし、彼女に対するイメージがガラリと変わりました。 天才で努力家だったけど、やはり、弱い面も併せ持つひとりの女性だっ...
演出

講座 「ドニゼッティ 演劇性と性格表現」by Mr.小畑恒夫

音楽と無関係の家に生まれ、父親の采配で教会の合唱団にいるときに、恩師に恵まれ、留学費用を出してもらって、対位法、和声を学び、苦節期超えて、開花させる大器晩成型。 バリトンをタイトルロールとしたオペラ『サン・ドミンゴ島の狂人』を書き、バリト...
ジョコンダ

講義 ポンキエッリ 『ジョコンダ』by Mr.堀内修

講義 「ポンキエッリ作曲 『ジョコンダ』」by Mr.堀内修 (20181212) いつも冒頭に、昨今のオペラを話題にする。 堀内さんが言う。 ミュンヘンでの『オテロ』が配信され、『メフィストフェレ』新国立劇場で『ファルスタッフ』とい...
リナルド

フランコ・ファッジョーリ カウンターテナー リサイタル at 東京オペラシティコンサートホール

今年は、オペラシティ前のツリーが進化しました。音楽に合わせてイルミネーションが変化します。 ロマンティックです💕 素敵です💕 香港のイルミネーションを思い出しました。 これから、ファッジョーリというカ...
サムソンとデリラ

サン=サーンス 『サムソンとデリラ』by メトロポリタン歌劇場 at 新宿ピカデリー

予想を裏切らないガランチャとアラーニャ‼️ サムソンとデリラだから、アラーニャとガランチャか(笑) ガランチャLOVEでして(笑) 圧倒的な存在感のガランチャ、彼女は凛とした役がとてもよく似合う。 そして...
ロッシーニ

番外編 暇に任せて、ブツブツ言わせて〜‼️

芸大コンサートが終わって、都美館のムンク展へ。5時近いからもう無理かなぁと思って都美館入口にいらっしゃる警備員さんに聞いたら、今日は8時までだから大丈夫ですって言うからエスカレーター降りたら、入場まで10分という張り紙があって、飲み会は7時...
ロッシーニ

ロッシーニ 《小荘厳ミサ曲》by 芸大フィル at 芸大奏楽堂

今日は久々に娘とランチデート、女子トーク炸裂!(笑) デザートの説明を聞きおとして、紫芋のムースだとか、ブルーベリーのムースだとか、勝手に言っていたら、桑の実のムースだった(笑) 全く聞いていないふたり(@_@) 今日はロッシーニ! ...
sponsored link
タイトルとURLをコピーしました