《タンホイザー》ワーグナー by バイエルン国立歌劇場 vol.2 タンホイザーは登ったのか?何故か?2017/09/21

スポンサーリンク

バイエルン国立歌劇場の来日公演《タンホイザー》を観てから既にひと月近くが経とうとしている。

たまたま10/15にNHKFMをつけたら、ペトレンコさん指揮のバイエルン国立歌劇場オケの来日コンサートでの《ワルキューレ》を流していた。

《タンホイザー》鑑賞を思い出し、ペトレンコさん率いるこの楽団の素晴らしさを再度噛み締めた。

そして、

私の中でうずうずしていた疑問がまた蘇ってきた。

それは、

バイエルン現地での公演では、冒頭の数多の矢が刺さった輝く円をタンホイザー(フオークト様演じるところの)がワイヤーに吊るされて登っていく映像があったのです。

が、

日本公演の折、私は序曲の間、瞬きを惜しんでよ〜く観ていたつもりだったけと、タンホイザーは円の前を登って行かなかったと思うのです。

私が見落としたのか、はたまた、日本公演ではその演出が取りやめになったのか?

先生方やお友達数人に確認したところ、タンホイザーは登らなかったことが判明。理由はわからないけれど、環境が許せばそのままやるはずだから、ホールの設備の関係によるのかもしれないわね。

この公演は、「矢」が1つのkeyになっていると思う。共同演出家のシルヴィアさんが言っていらっしゃったように、1幕では矢がリアルなスピードで放たれ、2幕ではスローモーションになり、3幕では静止してみえる。

2幕で、タンホイザーはエリザベトによって、背中を刺されるわけで、1幕で刺さった矢の間を抜けることで、2幕のそのシーンを暗示していたのではないかと思う。何故ならタンホイザーは客席に背を向けて登っていくので、矢の放ち手はタンホイザーの後ろにいることになり、彼の背を狙える位置にいるから。

だから、演出家はきっとタンホイザーを、日本公演でも登らせたかったに違いないわd(^_^o)

コメント

タイトルとURLをコピーしました